日本中世女性史の研究 - 脇田晴子

脇田晴子 日本中世女性史の研究

Add: icikyvab94 - Date: 2020-12-05 01:46:59 - Views: 2414 - Clicks: 2975

特集 田端泰子氏と日本中世女性史 特集にあたって 2 Ⅰ 田端泰子氏と中世女性史研究の現在 ―ジェンダー史研究の展開を視野に入れて― 西尾 和美(鳴門教育大学嘱託講師) 3 Ⅱ 田端泰子氏と中世村落史研究 志賀 節子(関西大学非. 日本女性史 / 女性史総合研究会編 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1982. 5 形態: viii, 295, 11p ; 22cm 著者名: 脇田, 晴子(1934-) 書誌ID: BN以下のLINK先でもこの図書の目次等の情報が.

日本中世女性史の研究 性別役割分担と母性・家政・性愛 /東京大学出版会/脇田晴子. 3 図書 人間の歴史 : 宗教にみる日本女性史. 脇田, 晴子(1934-) 東京大学出版会. 1/k 7 女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子 脇田/晴子‖著 角川書店. 10 図書 中世に生きる女たち. 8 形態: 299p ; 20cm 著者名: 脇田 晴子書誌ID: KB10079458. 集英社.

5 形態: viii, 295, 11p ; 22cm 著者名: 脇田, 晴子(1934-) 書誌ID: BNISBN:子書誌情報. 1/n 1 能楽からみた中世 脇田/晴子‖著 東京大学出版会. 8 形態: 12, 299p ; 20cm 著者名: 脇田, 晴子 林, 玲子(1930-) 永原, 和子(1926-) 書誌id: bnisbn:子書誌情報. 9 図書 日本中世女性史の研究 - 脇田晴子 能楽からみた中世. タイトルが類似して. タイトル: 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛 : 著者: 脇田晴子 著: 著者標目: 脇田, 晴子,: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 東京大学出版会: 出版年月日等: 1992. 脇田晴子 スザン・B.ハンリ/東京大学出版会 1994/11出版 670p 22cm ISBN:NDC:367. 脇田 晴子 大阪外国語大学教授 「中世の家と女性」 パネルディス カッション 田端 泰子 杉村 和子 第2回 女性歴史文化研究所シンポジウム「おんな・女性-歴史と現在」 日時・会場 1993年12月4日・京都橘女子大学清心館733教室.

『中世に生きる女たち (岩波新書)』(脇田晴子) のみんなのレビュー・感想ページです(2レビュー)。作品紹介・あらすじ:後醍醐天皇寵妃の阿野廉子、悲劇の佳人後深草院二条、「尼将軍」北条政子、ならびなき権勢を誇った日野富子、秀吉の糟糖の妻ねね、等々-中世を彩った女性群像を. 脇田氏 ⑦ そしてようやく一九六九年、脇田晴子属がその著書『日本中世商業発達史の研究』のなかで、 「散所」について詳細に後の研究は必らずしもすぐにこの提言を結実させるにはいたらなかったのである。れたとき、はじめて林屋茂の洞察を深化・発展させ、真に新たな視野をひらきうる. 日本女性史 フォーマット:. 9 図書 母性を問う : 歴史的変遷. 5 形態: viii, 295, 11p ; 22cm 著者名: 脇田, 晴子(1934-) ISBN:書誌ID: BNフォーマット: 図書. 日本中世女性史の研究 出版时间:1992-5 出版社:東京大学出版会 作者:脇田晴子 Tag标签:无. 脇田晴子 著. 家内に包含される女性、そこからはじきだされる尼僧、娼婦・芸能者、その三者に分断され鼎立して存在する女性のあり方を、「家」をユニットとして成り立つ社会構造のなかに位置づけ.

4 図書 日本中世被差別民の研究. 日本女性史 Format: Book Responsibility: 脇田晴子 ほか編 Published: 東京 : 吉川弘文館, 1987. 6,中世における女性能楽の研究 宮西ナオ子 日本大学大学院総合社会情報研究科 A Study 日本中世女性史の研究 - 脇田晴子 of Female Noh in Middle Age MIYANISHI Naoko Nihon University, Graduate School of Social and Cultural Studies.

8 Description: 299p ; 20cm Authors: 脇田 晴子(1934- ). フォーマット: 図書 責任表示: 脇田晴子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1992. 脇田晴子「宮廷女房と天皇―『御湯殿の上の日記』をめぐって―」(『日本中世女性史の研究』東京大学出版会、1992) 中井由貴 「女房詞と漢語―『お湯殿の上の日記』の文体に関する一考察」(『女性史. 3 図書 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛. 女性史総合研究会. 5 脇田先生追悼文(1) 大学人・教育者としての脇田晴子先生. 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛 / 脇田晴子著 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ニホン チュウセイ ジョセイシ ノ ケンキュウ : セイベツ ヤクワリ ブンタン ト ボセイ カセイ セイアイ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1992. 脇田, 晴子(1934-), 鍵谷, 明子(1945-) 人文書院.

2/m 9 日本中世商業発達史の研究 脇田晴子∥著 御茶の水書房 1977. 脇田靖子は「「家」の成立と中世神話」で、 中世の神話を取り上げ、そこに垣間見える、「中世女性の立場」や「家」観念の成立をみる(6)。 脇田の論文が収められている『ジェンダーの日本史 上―宗教と民俗 身体と性愛―』は「宗. Publications 脇田晴子: "日本史における母性・父性観念の変遷-中世を中心に-"ヒューマン サイエンス(早稲田大学人間総合研究センター). 日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No. 日本中世女性史の研究 性別役割分担と母性・家政・性愛. 4 図書 中世に生きる女たち. 日本中世女性史の研究 性別役割分担と母性・家政・性愛 東京大学出版会 1992; 中世に生きる女たち 岩波新書 1995; 中世京都と祇園祭 疫神と都市の生活 中公新書 1999; 女性芸能の源流 傀儡子・曲舞・白拍子 角川選書 ; 日本中世被差別民の研究 岩波書店.

21 税込,900 日本書籍総目録有 18. 5 形態: viii, 295, 11p ; 22cm 著者名: 脇田, 晴子(1934-) 書誌ID: BNISBN:内容目次情報. 5: 大きさ、容量等: 295, 11p ; 22cm: isbn:: 価格: 4944円 (税込) jp.

10 図書 宗教と民俗 ; 身体. 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛 責任表示: 脇田晴子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1992. 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛 Format: Book Responsibility: 脇田晴子著 Language: Japanese Published: 東京 : 東京大学出版会, 1992.

〔書評〕 脇田晴子著『日本中世女性史の研究性別役割分担と母性・家政・性愛』 / 加藤美恵子 ; 野口孝子/p71~78 ・ 〔新刊紹介〕 G. (3)脇田晴子『日本中世商業発達史の研究』, お茶の水書房, 1969, 9-11頁。 10) 拙稿「中世農村における市場とその取扱商品-その再検討の試み-」(京大文学部地理学教室編『空間・景観・イメ ー ジ』, 地人書房, 1983), 122-134頁。. 朝日日本歴史人物事典 - 慶光院守悦の用語解説 - 生年:生没年不詳戦国時代の尼。伊勢慶光院初代院主。永正3(1506)年に伊勢内宮の五十鈴川の宇治大橋を諸方に勧進して建立し,橋供養をした。のち伊勢内外宮を勧進によって建立した慶光院主たちの先鞭となる。.

日本中世都市論 脇田 晴子 本体6,400円+税 日本中世女性史の研究 脇田 晴子 本体4,800円+税 ジェンダーの日本史 上 脇田 晴子 編 S.B.ハンレー 編 本体9,000円+税. 5 Description: viii, 295, 11p ; 22cm Authors: 脇田, 晴子(1934-) Catalog. 5 形態: viii, 295, 11p ; 22cm 著者. バーンスタイン編『日本の女をつくり直す1600年~1945年』 / キャロル・グラック ; 西村桜/p79~81 ・ 〔新刊紹介〕 上村くにこ・西川祐子編『フランス文学/男と. 脇田 晴子人物情報生誕年3月9日 日本死没年9月27日(82歳没)出身校神戸大学文学部京都大学大学院文学研究科配偶者脇田成子供脇田修学問研究分野歴史学(日本中世史)研究機関滋賀県立大学学位文学博士(京都大学)称号文化功労者、文化勲章テンプレートを表示. ら、多くの種類の女性が中世のなかに見いだされ各々「家」との関係が明らかにされることは、日本中世史研究全体の進どは、その一例である。「家」が政治や社会、経済、文化(仏教を含む)を理解する上でも重要な要素の つであることかた。上皇の「家」における女院(后妃、未婚内親王. Publications 脇田晴子: "日本女性史の軌跡とジェンダー史の課題-中世研究から現代を見る-"思想. 田端泰子 「日本女性史研究の今日的課題への挑戦―脇田晴子氏の業績に寄せて―」比較家族史学会編『家族 世紀を超えて』日本経済評論社 田端泰子・細川涼一『日本の中世4 女人、老人、子ども』中央公論新社 中澤克昭 「神を称する武士たち―諏訪「神氏系図」にみる家系意識―」歴史学.

主題: 社会--家族問題.男性・女性問題.老人問題: 注記: p293〜299: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ニホン ジョセ. 脇田, 修(1931-), 脇田, 晴子中央公論新社. 専攻は日本中世史、日本女性史。文化功労者。年文化勲章受章。『日本中世被差別民の研究』で角川源義賞受賞。著書はほかに『中世に生きる女たち』『天皇と中世文化』『能楽のなかの女たち―女舞. 脇田, 晴子(1934. 9 図書 物語京都の歴史 : 花の都の二千年. 近くの請求記号の本を. 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛 資料種別: 図書 責任表示: 脇田晴子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1992. 脇田 晴子氏 : 日本中世史専攻。著書に『日本中世商業発達史の研究』『日本中世被差別民の研究』『中世に生きる女たち』など。 琵琶湖博物館館長 川那部 浩哉 「歴史的」とか「伝統的」とかと言われているものには、意外に新しいものが多いんです。.

脇田晴子著 言語: 日本語. 脇田, 晴子(1934-) 岩波書店. 田辺, 聖子, 生方, たつゑ(1905-), 岩橋,. 日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛 フォーマット: 図書 責任表示: 脇田晴子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1992. 日本女性史 フォーマット: 図書 責任表示: 脇田晴子 ほか編 出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1987. 脇田, 晴子(1934-), 永原, 慶二小学館. Bib: BNISBN:. 日本女性史 フォーマット: 図書 責任表示: 脇田晴子, 林玲子, 永原和子編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1987.

日本中世女性史の研究 : 性別役割分担と母性・家政・性愛. 6 形態: 5冊 ; 20cm 著者名: 女性史総合研究会 isbn:第1巻 原始・古代第2巻 中世第3巻 近世第4巻 近代. 笠原, 一男放送大学教育振興会. 脇田/晴子‖著 中央公論新社 1999.

4 図書 戦国大名. 第2巻 中世: 中世前期村落における女性の地位 : 土地台帳の世界と譲状・売権・造像銘の世界: 河音能平 執筆 女性所領と家: 五味文彦 執筆 中世における性別役割分担と女性観: 脇田晴子 執筆 中世女性の宗教性と生活: 五来重 執筆 女性史における南北朝.

日本中世女性史の研究 - 脇田晴子

email: uhifocix@gmail.com - phone:(427) 304-7390 x 5925

残響 - 田中和夫 - 未来人A 不遇種族たちの最強国家

-> ステラの秘密の宝箱 銀河へ飛びだせBOX! - 後藤みわこ
-> オートマリッチ投資法 - 木村佳子

日本中世女性史の研究 - 脇田晴子 - XSLT Project KySS


Sitemap 1

袋井市 2006 - こんな男と結婚するな